ギターとピアノの世界

3月26日土曜日、友達の代わりに高木洋子先生のプリマベーラ主催
Jose Manuel Cuenca y Francisco Cuencaの邦名「グラナダの夜明け」CD発売記念コンサートの撮影に行ってきた

このブログ、たいそうなタイトルを付けてしまいましたが、コンサートのリーフレットからのパクリです。。。スイマセン(汗)

ギターとピアノの世界 クエンカ兄弟を迎えて
↑ギターとピアノの世界 クエンカ兄弟を迎えて

 

ギターとピアノ。。。
ピアノは小さいころ習ってたこともあり、それなりに馴染みがあるのだけど
ギターは。。。しかもクラッシックギター
どんな感じなんだろうと、リハーサルから撮らせていただけるとのことで
早めに会場へ

このコンサート撮影のクライアント、高木洋子先生という綺麗な女性に挨拶を交わしリハーサル室へ
このコンサートは2部構成となっていて
1部前半、手塚健旨先生率いるカンパニージャのギターアンサンブル
1部後半、高木洋子先生のピアノソロ
2部は、ギターソロ、ギター&ピアノ(クエンカ兄弟)、ギター&ピアノ(フランシスコ・クエンカ&高木洋子先生)

この内、1部前半に演奏する生徒たちのリハーサルを見学&撮影させてもらった
こういう形の演奏もあるんだな!
と、初めてしかもライブで聴けて凄く感激しながらも
思わず生徒たち皆さんの真剣な表情に、たくさんシャッターを切ってしまった
煩くなかったかな。。。(汗)

ギターアンサンブル「カンパニージャ」の指揮を執るJose Manuel Cuenca
ギターアンサンブル「カンパニージャ」の指揮を執るJose Manuel Cuenca

コンサートが始まり、曲間であれば自由に動いて良いと許可を戴いたので
お言葉に甘えて、観客の皆様の邪魔にならない動ける範囲で撮影させて頂きました。
撮影しながら素敵な演奏も聴ける。。。贅沢ですねーーー

高木先生やクエンカ兄弟、やはりプロは撮影していても絵になるなー
それに負けないくらい上手く撮れていたら良いのだけどな!
このとても素敵な機会を与えてくれた高木先生、手塚先生やクエンカ兄弟
そして友達に感謝です!!!

Francisco Cuenca と高木洋子先生
Francisco Cuenca と高木洋子先生

Francisco Cuencaのギターソロ
Francisco Cuencaのギターソロ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる